慈愛院のボランティアさんへのペットフード支援のご案内です。| ペット火葬、葬儀、供養は大阪京橋慈愛院へ。

  1. ホーム
  2. 共生ボランティア
  3. ペットフード支援

ボランティアさんへのペットフード支援


皆さんの「愛の一缶」が役立っています


皆さんからお参り時にお供えいただきました缶詰やペットフード、おやつなどは、京阪神の地域でボランティアさんによって地域のノラ犬・ノラ猫ちゃんのお世話に使わせていただいています。

エサやり活動

ノラ犬・ノラ猫は飼えなくなった飼い主が捨てたり、さらにはその捨てられたワンちゃんや猫ちゃんが子供を産んだりして増えています。人間にも責任があります。人間の都合だけでそういうワンちゃんやネコちゃんを排除はできません。

ボランティアさんたちは単にエサを与えるだけではなく、フンの始末や周辺の清掃なども熱心にされています。

ある団体さんでは猫の不妊手術を行い、みだりに数を増やさないように心がけながら、今あるネコちゃんたちの命を守っています

皆様の一層のご理解とご協力をお願いいたします。

ペットを捨てるのは犯罪です!


「動物の愛護及び管理に関する法律」第27条

1.愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

2.愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行った者は、三十万円以下の罰金に処する。

3.愛護動物を遺棄した者は、三十万円以下の罰金に処する。


ペットを虐待する事はもちろん遺棄することも犯罪なのです。


大阪でのペット葬儀は慈愛院


慈愛院ロゴ

↑ PAGE TOP